ほていさんの覚書

自分なりの視点で世界を切り取りたい

facebookはスクラップブックとして

f:id:su2uqui:20180613160144j:plain

Facebookのアカウントを作ってかれこれ5年くらいになる

 

「なんか流行っているから」

 

くらいのありふれた動機でアカウントをもってみた

ただただフォローすることに徹した5年間

投稿をアップしたことは皆無

つくづく自分は小心者だと思う

自分のことをさらけ出す勇気がない

 

だから友達申請もいつもためらう

迷惑かなとか図々しいかなとか馴れ馴れしいかなとか

勝手にモヤモヤして「友達抑制ボタン」を押している

どうしてもリアルとヴァーチャルの割り切りができない

この辺がいつも自分でもどかしい

 

そのくせ、“友達300人”とかいう人のプロフィールを見ると

妙に羨ましく感じている自分がいる

もどかしい…自分

 

最近の使いみちはもっぱらスクラップブック的なもの

旅先でFacebookQRコードを見つけるとスキャンせずにはいられなくなる

自分が入ったお店やホテル、利用したツアー会社など

その旅行にまつわるあれこれを記念にスクラップするような気持で

「いいね!」ボタンを押しまくる

旅行に限らず、普段の生活でも自分のお気に入りのモノやコトに関するページには

「いいね!」ボタン

自分のお気に入りのアイテムで埋め尽くされている秘密の部屋をもっている感じ

 

興味深いニュースやイベントのお知らせなんかもサクッと「シェア」ボタン

どんどん流れてくる新しいニュースの中で

自分のお気に入りのものを確実にストックしていけるのが嬉しい

 

共感できる著名人のページなんかも積極的に「シェア」ボタン

その人たちの考えや視点に触れることができて

刺激を受けたり励まされたりモチベーションをアップさせられたり

 

こんな身近に自分のお気に入りのものや最新の情報が手に入るスマホってスゴイ

今更ながら感動する